おしろい蝶々

加門七海先生・著『おしろい蝶々』(電子書籍版)の装画を描かせていただきました。『背徳の召喚歌』と同様、アドレナライズ様出版です。

江戸・明治・大正などの時代を舞台にした耽美和ホラー短編集です。
一話完結で各話に繋がりはありません。すべてのお話に少年が出てきます。少年同士の交流、主従の愛…など、怪奇的で幻想的、繊細な物語が流麗な文体により綴られており、最初の一文から世界に引き込まれてしまうことでしょう。

『おしろい蝶々』
著者:加門七海
イラスト:華憐
出版社:アドレナライズ
配信日:2018年7月26日

江戸・明治・大正などの時代を舞台とした、美しくも恐ろしいファンタジック・ホラー短篇集
昔ながらの白粉刷毛に魅入られた私が見たものは、世にも美しく恐ろしい美少年だった。獣の刷毛に、水で溶いた白粉を滴るほどに含ませて、そいつであの手を嬲りたい。彼の手を求めて私は……。(「おしろい蝶々」より)
強い想い故に、異形に身を落とした少年を描いた表題作のほか、全6篇の哀しく儚い物語。
*おしろい蝶々
*夜の孔雀
*琅(ろう)がん物語
*闇月夜
*花影
*亡春
(作品紹介より)

Amazon
楽天ブックス
iBookstore
BookLive!
紀伊國屋書店
dブック
7net
ひかりTVブック
漫画全巻ドットコム
honto
どこでも読書
COCORO BOOKS
Neowing
ebookjapan
Yahoo!ブックストア
ブックパス
Reader Store
いつでも書店
コミックシーモア
BOOK☆WALKER
Book Place
U-NEXT
ヨドバシ・ドット・コム
DMM.com
Google Play