Refectorieレポ

refe_repo

2015年11月14日の【Refectorie】レポートです。
(企画概要はこちらの記事参照)

自創作『アンブローズの子どもたち』のオマージュ喫茶を、RUI様のご厚意で開催していただきました。
キリエ館でもおなじみのアンティークスタジオ・みのるさんの西洋風でノスタルジックな空間がアンブローズの雰囲気にもぴったりでした!

私のほうは当日いつもと違う路線を使ったら少し到着が遅れてしまいました…申し訳ありません…💦
キリエ館で知り合った方、フォロワーさん、私の学校のお友達などが来てくださいました!

記念のおみやげとして、ささやかですが来場者の方全員にお配りしたポストカードです。
大食堂を背景に、紅茶を楽しむジョシュアの絵柄でした。

ケーキセットご予約の方には、各セットのキャラクターのポストカードもプレゼントいたしました。
いずれもこの企画のために用意した限定ポスカでした。

物販ではアンブローズ関連のもの中心に、ティア114新刊の『Sock Garters』を先行販売いたしました。
お買い上げくださった方ありがとうございました!

あまや鳥ことり様にいただいたお花。

素敵な装いの方々を前に写真撮影をする光景も。
(※通常のキリエ館は時間によって撮影禁止ですのでご注意を)

左からRUIさん、氷菓さん、伊織さん。

refe_repo6

左から伊織さん、氷菓さん、RUIさん。

この日は、ジョシュアを意識してか赤リボンタイで来てくださった方が多く見られました。これは嬉しかったですね…。
当日は私も意識した服装をして行ったのですが、その必要もなかったと思うくらいでした笑

企画名は「Refectory(食堂)」から来ていることもあり、制服風の格好に身を包んだ人々で賑わう様はまるで学生食堂だったのではないでしょうか…!

私は悩みに悩んでセットA(Alfons)をいただきました。
お紅茶はザッハブレンド。ケーキは当日のお楽しみ…とのことでしたが、マカロンがちょこんと乗ったかわいらしいチョコレートケーキでした。
チョコレートはアルフォンスの大好物。まさにアルフォンスの好みそうなケーキをセレクトしてくださったRUIさんに感謝です…!
「このケーキカワイイ💕それを食べるボクもカワイイ✨」と言ってつついてそうじゃないですか?
かわいい見た目とは裏腹にチョコレートの味が濃厚で、渋みが強めのザッハブレンドとの相性もバッチリでした。

セットJ(Joshua)のスコーンとエデンローズも終了後にいただいたので、翌日のイベント(ティア114)前の朝食にいただきました。

エデンローズは名前とバラの紅茶ということで今回の企画に選んだものでしたが、それを抜きにして香りも味も素晴らしいお茶です。
是非皆さんもご賞味ください。超オススメです。
【ベッジュマン アンド バートン】エデンローズ

セットM(Michel)のレモンパイも食べたかった笑
二部制で異常に混みあうということもなく、皆様がお紅茶やケーキをお席でごゆっくり戴けたのではないかなと思います。
アンブローズについていろいろとお話をしてくださった方々ありがとうございました😊

また、お越しくださった皆様のツイートまとめはこちらでご覧いただけます。

【まとめ】
主催者のRUIさん、ご協力くださった空さん、お越しくださった皆様、すべての方々に御礼を申し上げます。
作品やキャラクターを好いてくださる方がいること、こういった企画を開催してくださること、それに足を運んでくださること
創作者としてこれほどありがたいことはありません。素敵で大切な思い出をつくることができました。
今後も少年たちの世界を描き続けていきたいなあと思いますので、よければどうぞあたたかく見守ってやってください。
ありがとうございました!

“Refectorieレポ” への 1 件のフィードバック

  1. ピンバック: Refectorie – Black Diary

コメントは受け付けていません。