第43回「東京展」

◆第43回 美術の祭典「東京展

◆会期
2017年10月7日(土)~10月14日(土)

◆時間
9:30~17:30(入場は17:00まで)
最終日14:00終了

◆入場料
一般:800円
学生:無料
70歳以上:無料
身障者と付添(1名まで):無料

◆会場
東京都上野公園 東京都美術館
2階 1〜4展示室

〒110-0007
東京都台東区上野公園8-36
TEL 03-3823-6921
FAX 03-3823-6920

JR「上野駅」公園口より徒歩7分
東京メトロ・京成電鉄「上野駅」より徒歩10分
駐車場はございませんのでお車での来館はご遠慮ください。但し、身障者用の車の場合は事前にご連絡ください。

詳しいアクセス方法はこちら

東京展 コミックアート部門に出展いたします。
コミックアート部門は近年新設された部門で、今年で三年目になるそうです。
著名なイラストレーターさん方が多数出展しており、ライブペインティング等のイベントも開催されるので一見の価値ありです!

通常は審査ありの公募展なのですが、ご縁で出展させていただくことになりました。
公的な展覧会で、ギャラリーではなく美術館での展示は初になります。
作品数は二点。サイズもいつもの展示の二倍で描いております!物販では展示作品のポストカードが販売されます。
また、展示作品は会期終了後に通販を考えておりますので、是非会場にお越しいただいて実物をご覧くださいね。

DMをご希望の方は info@blackdahlia.net(またはサイトのメールフォーム)へDM希望の旨と郵便番号、住所、氏名(HN不可)をお送りくださいませ。
DMハガキをお持ちいただくと、招待状として1枚で二名様までのご入場が可能になります。

コミックマーケット92

SAKUさんのC92新刊『sweet boy book』にコラボ参加させていただきました。
「少年」をテーマにした写真集で、写真とイラストが融合した一冊となっています。

ご本の詳細はこちらでご覧になれます。

SAKUさんはスタジオ、メイク、衣装、小道具、撮影に至るまで全てご自身で行い、夢のような作品を作られる、独自の世界観をお持ちのカメラマンさんです。
私は案出し・構図やポージングの指定、スタジオで撮影の見学などもさせていただきました。
私の希望で数年前から憧れだったモデルさん方を起用していただくことができ、素敵な作品作りに携われたことを光栄に思います。

当日は新刊ともに既刊も数種取り揃えているようですので、是非スペースにお立ち寄りくださいませ。
SAKUさんと一緒に作り上げた甘やかな少年たちをお楽しみください。

◆コミックマーケット92

◆日時
2017年8月11日(金)〜13日(日)

◆時間
10:00〜16:00

◆会場
東京ビッグサイト

◆スペース
東け08b SAKUnoTORIDORI(11日)

KLASSE14 ウォッチのご紹介

イタリアのウォッチブランド、KLASSE14様より、夜空色の素敵な時計をいただきました。
こちらのモデルはVOLARE SKY MIDNIGHT(36mm)です。

クーポンコード #blackdahlia でご購入いただくと12%OFFになります。
夜空のような紺碧のグラデーションに、光輝く星を思わせる金色が美しいです。
ベルト部分がネイビーとグレーのツートンカラーなのも素敵。
レディース・メンズはもちろんのこと、少年装にもぴったりだと思ったので少年に着用させてみました。
夜空を映したような美しい時計をこの機会に是非。

KLASSE14
Website:http://www.klasse14.com
Facebook:@Klasse14 @KLASSE14Japan
Instagram:@Klasse14 @klasse14_japanofficial
Twitter:@klasse14_japan

クーポンコードが使用できるのは公式サイトのみです。
その他通販サイトや日本代理店サイトでは利用できませんのでご注意ください。

KLASSE14さん(@klasse14)がシェアした投稿

KLASSE14さん(@klasse14)がシェアした投稿

KLASSE14さん(@klasse14)がシェアした投稿

Refectorie 2nd レポ

2017年6月10日の【Refectorie 2】レポートです。
(企画概要はこちらの記事参照)

『アンブローズの子どもたち』のオマージュ喫茶第二回、今回も沢山の人に支えられて無事に開催することができました。
当日は真夏日の予報!たいへん暑い中お越しいただきありがとうございました!


RUIさんが用意してくださったバラ。明るい赤が華やかなバラでした。


秋彦さんからいただいたバラ。深紅が美しい高貴なバラでした。

いただいたバラはドライフラワー中。部屋に飾ればいつでも思い出に浸れますね!


前半は人も多くなく、まったりと静かな時間が流れました。アンブローズや寄宿学校や少年について語らいのできるゆったりとした時間でした。


しかし日の暮れ始める後半になると溢れかえるほどの人でいっぱいに!
お菓子や紅茶をいただきながら楽しいおしゃべりをする、活気に満ちた空間になっておりました。
お知り合いの方やフォロワーさん、レイヤーさんなどが来てくださり、沢山の方とお話しできてとても楽しかったです!


マンゴーフレーバーの紅茶。
しかし今回はアイスのピーチティーやレモンティー、ミルクティーなどひたすら冷たい飲み物ばかりいただいていました。それくらい、天気のよい日でしたので…。
アイスドリンクを注文した方にはそのお客様の星座のコースターでお出しして下さるという素敵なお心遣いも…。

中央テーブルにはパブリック・スクール関連の書籍や『アンブローズの子どもたち』設定資料を並べておりました。
6.5kg分もの数々の書籍群(量った笑)では、パブリック・スクールの魅力的な世界を覗くことができたのではないかと思います。
設定資料は今回のために即席でまとめたものでしたので、数は多くはありませんでしたが楽しんでいただけたら幸いです。


オリジナルラベルワイン。アンブローズ校の校章、校名と『Refectorie』の文字入り。
皆さんで乾杯の後、私も少しいただきました。


そして今回の目玉メニュー「アンブロ・メス」。私もとっても楽しみにしていました!
今回のためにRUIさんが編み出したスペシャルスイーツです。
皆様にも大変好評で、数量限定だったこともあり当日用意分は早くのうちに完売いたしました。


控えめなサイズがまた可愛らしくて上品。


RUIさんが大盛りにしてくださいました笑
甘いクリームとイチゴの甘酸っぱさのバランスが絶妙で、甘いもの好きな私にはたまりませんでした。
とろりとしたクリームとジャムにサクサクのメレンゲの食感の違いも、食べていて楽しかったです。


記念ワインと一緒に。


最後にはゆっこさんに記念写真を撮っていただきました。空さん(上)、華憐(左)、RUIさん(右)です。
空さんはジョージを意識して、襟を開けたシャツにVネックセーター、長ズボンに革靴という格好をしてくださっていました。(その装いでの給仕は暑くて大変だったようです)
せっかくだから…とこの日は初めて私も少年風の格好に挑戦してみました。奨学生風ガウンも羽織っておりました。


今回もRUIさんにスコーンをいただいたので翌日の紅茶のお供に。当日も提供していたスコーンです。

お越しくださった皆様のツイートまとめはこちらでご覧いただけます。

【まとめ】
主催者のRUIさん、給仕の空さん、お手伝いくださった胡桃さんやゆっこさん、お越しくださった皆様、すべての方々に御礼を申し上げます。
前回の記事でも申し上げたのですが、ちまちまと個人が作っているに過ぎない創作物の、こういった企画を開催していただくこと、それに来てくださる方々がいるということ、本当にすごいことだと改めて思います。
『アンブローズの子どもたち』今後ももっと展開をしていけたらなあと思っていますので、是非応援していただけると嬉しいです。
本当にありがとうございました!

Refectorie 2nd

2015年に開催された『アンブローズの子どもたち』をイメージしたオマージュ喫茶Refectorie(レフェクトリエ)が、なんと2017年、第二回を開催していただけることになりました!
これも主催のRUI様、そして日々応援してくださる皆様のおかげです。
前回以上に素敵な企画となるよう私も努めたいと思いますので、前回ご参加くださった方もそうでない方も是非是非お越しください!

前回のようすはこちら→企画概要レポ

企画についてのお知らせは企画アカウント(@Refectorie_info)にてアナウンスされますので、ご興味のある方はフォローしてみてくださいね!

※こちらは特別開催の企画『Refectorie』です。通常開催のキリエ館ではありませんのでご注意ください。(6月のキリエ館は休館となっています)

【開催日】
2017年6月10日(土)

【会場】
アンティークスタジオみのる 2F アクセス
〒156-0052 東京都世田谷区経堂2-2-9
小田急線/経堂駅 徒歩1分
すずらん通り商店街より左手に6件目

【時間】
13:00〜21:00
(16:00〜17:00の間は入退館できません)

【料金】
時間料金制:紅茶飲み放題(HOT&ICE) ¥500/30分
座席予約は必要ありません。

【メニュー】
・アンブローズ メス ¥400

実在の某パブリック・スクール伝統のデザートを、アンブローズ校で提供するなら…という着想のもとアレンジされたもの。
バラのコーディアル、バラのジャムを使ったアンブローズ校らしさ溢れる一品となっております。そして隠し味には…?
Refectorieオリジナルレシピ。数量限定です。是非ご賞味あれ!

・オリジナルラベルワイン

アンブローズ仕様のオリジナルラベルワインをご用意いたします。ミディアムボディのカベルネ・ソーヴィニヨンです。
お酒が欲しくなった時には是非一杯どうぞ…。


当日提供メニュー

(画像はTwitterより)

【展示物】

パブリック・スクール関連の書籍(なるべく図版が多めのもの)を数冊お持ちします!
ご自由にご覧いただけますので、貴重な写真とともに生徒たちの生活を覗いてみてはいかがでしょう…。(私物ですので取り扱いは丁重にお願いします)


そして『アンブローズの子どもたち』設定資料集もお持ちします。
設定画のほか、今回が初公開となる初期ラフ画も収録しています。初期から現在に至るまでのキャラクターたちの変遷などを見て楽しんでいただけたらと思います。
初めて語るキャラ制作秘話や裏話なども書いており、初公開情報尽くしの一冊となっております。

【来館特典】

ジョシュアのブロマイドを設置していますので、記念にご自由にお持ち帰り下さいませ。
当時に撮られ現代に風化した写真をイメージしたヴィンテージ風ブロマイドです。
※非売品。数に限りがあります。

【音楽】

館内BGMはイートン校聖歌隊による賛美歌やイートン校礼拝堂のオルガン曲等を流す予定です。当日は流れる音楽にも耳を傾けてみてくださいね。


私は奨学生風の服装をするつもりですが、ドレスコードはありませんので皆様思い思いの装いにてお越しくださいませ。

『Refectorie』は本来2015年の一回きりの開催の予定でしたが、RUI様のご厚意によりこうして第二回を開催できることになりました。ですので毎年開催している定期企画ではけしてありません!この「第二回」も同じものは二度と開催されない、一度きりのイベントと言えます。
ぜひともこの機会に皆様と素敵な時間を共有できたらと思います。

それでは皆様のご来館をお待ちしております!